病気の寛解という表現

がんという病気の寛解とは

病気の寛解とがんでの表現の違い

病状が落ち着いており、臨床的にその病気が問題ない程度にまで治った状態を指すのが寛解です。がんにおいてはその種類によって定義は異なりますが、血液のがんにおいては骨髄中において5%を下回る、末梢血に検出されなくなった際に表現されています。また、一般的に再発の状態は否めないものの、治療を終えてから5年間程度再発がみられない見られなければ、完治と表現されています。ただ他の病気と違い完治と表現するのは難しく、手術ですべて摘出したとしても、その芽がどこかに残っているケースも少なくないのが実情です。特にリンパ節や臓器などに転移している病状においては、完治していないものとみなされ寛解が最高の状態となっています。

がんが寛解したという意味とは

がんのような治りにくい病気では、症状や兆候が見られなくなった場合、よく「寛解した」と言われます。これは、病気の症状が一時的に消失したりして落ち着いており、臨床的に問題ない程度まで治っているという意味ですが、まだ再発の可能性が否定できない状態のことです。この場合は「完全に治癒した」と断言できるレベルにはありません。がんの場合は5年間は再燃する可能性があるため、その間は「完治した」または、「治癒した」と断言することはできません。ですから、寛解状態が5年間続いて初めて、一応「完治した」または「治癒した」というふうにみなされるのです。

↑PAGE TOP